石匠 みかげ  正しいお墓の作り方
フリーダイヤル
0120-148-594



トップページ 魂を祀ろう 形について 文字について お祀りの仕方 実用新案
 

  文字について

よく墓地で見かけるお墓の文字は
「○○家之墓」や「先祖代々之墓」ですね。
ペットの墓と区別するために「先祖代々之墓」とするのなら一理ありますがあまりに平凡すぎますよね。
仏教であれば宗派によって違いは有りますが、ご本尊の文字に帰依し奉る という意味の「南無」を頭につけて彫刻するのも良い方法です。
例えば浄土宗・浄土真宗の「南無阿弥陀仏」あるいは禅宗の「南無釈迦牟尼仏」真言宗の「南無大師遍照金剛」日蓮宗の「南無妙法蓮華経」など 又サンスクリット語の「梵字」を「南無」の代わりに用いてその下に「○○家の墓」などとするのも良いでしょう。



でも最近のニューデザインの墓石には故人の好きだった言葉や文字を彫刻したりそれぞれの個性があふれてなかなか 楽しいですよ。
【例】「ありがとう」「来てくれてありがとう」「心」「やすらぎ」等

Copyright © 2017 無料ホームページ制作講座 All rights reserved.
by 無料ホームページ制作講座